口座にお金が入っていないと使えないデビットカード

デビットカードがクレジットカードと大きく違う点は、決済用の現金が口座にないと決済エラーになってしまうという点です。クレジットカードであれば、銀行口座にお金がなくてもカード利用額が上限に達していない限りは使えますが、デビットカードの場合、決済と同時に口座からお金が引き落とされる仕組みになっているからです。

法人向けのデビットカードを選ぶ場合、この点に注意しなければなりません。というのは、キャッシュバック率が高いから、あるいは年会費が無料だからといった部分だけで比較して、取引のない銀行に口座を開設してデビットカードを作ると、その口座にお金を入金するたびに振込手数料がかかってしまい、結果的に損をしてしまう可能性が高いからです。

同行内の口座への振り込みなら手数料は不要

デビットカードをお得に使うためには、できるだけ取引銀行が発行しているカードを使った方がいいでしょう。そうすれば同行内の振り込みはたいていの場合無料ですから、代表口座からデビットカード発行のために開設した社員用の口座にお金を振り込み際、手数料を取られることはありません。

もし、普段取引している銀行が法人向けのデビットカードを発行していないという場合は、別の銀行で口座を作るしかありません。その場合、代表口座がある銀行からお金を振り込んだ場合、手数料がいくらかかるのかで比較してみるといいでしょう。数はそれほど多くありませんが、グループが同じ、あるいは提携関係にあるといった理由で別銀行同士でも振込手数料がかからないこともあり得ます。

法人 デビットカードは比較的審査が甘いです。理由は、カードの使用と同時に銀行口座からお金が引き落とされるため、口座残高が不足していると使用できないためです。つまりカード会社は貸し倒れの心配がないのです。